<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
今日は画家ラファエッロの生まれた日
ラファエッロの生まれた町、ウルビーノ
f0322790_23483132.jpg
こんにちは、今日3月28日はブログのタイトルでもあるラファエッロの誕生した日、ということでラファエッロの生まれた町、ウルビーノについてお話しましょう。


ラファエル・ウルビナス(RAPHAEL URBINAS)

ラファエッロは1483年、3月28日(伝記作家ジョルジョ・ヴァザーリによる4月6日という説もある)に画家ジョバンニ・サンティの子としてウルビーノに生まれました。



f0322790_00193761.jpg
         ラファエッロの生まれた家


そのころのウルビーノはフィレンツエと並ぶルネッサンス文化の中心地として栄えており、ドゥカーレ宮(Palazzo Ducale、公爵の宮)には多くの芸術家、建築家、文人などが出入りをしていたことや、父親である画家のジョバンニも当時の芸術家としての一般的水準に十分に達していたため、幼少時代のラファエッロが過ごした環境は、単なる職人階級のものではなく、文化的に洗練された上流人士たちの繰り広げる優美なものであったのです。

そういった精神的な文化生活とともに、父親から絵を学びながら、この峻険な山々のなかに
そびえたつ”理想都市”と呼ばれた美しい宮殿の姿とそれを取り囲む丘陵の景色が画家ラファエッロの中での原風景をかたち作ったことに、疑いの余地はありません。
その証拠に、彼は11歳で父親を亡くしぺルジーノの工房に入るためウルビーノを去りますがイタリア全土で画家として活躍するようになってからも、カンバスに記された名はラファエッロ・サンティではなく、ラファエル・ウルビナス(ウルビーノのラファエッロ)でした。
f0322790_23514898.jpg
                          ラファエッロの愛したウルビーノの風景


来週はウルビーノ在住の絵画修復士の友人とウルビーノの見所を紹介しようと思います。それでは、また。

[PR]
by colline_raffaello | 2014-03-29 01:14 | ウルビーノの芸術
春の味覚
f0322790_18233562.jpg
みなさん、この文字読めますか?

PRIMAVERA......
そう、イタリア語で 春、です。
立春が過ぎ、イタリアにも本格的な春がやってきました。
春といえば、私の頭に浮かぶのは、、、、

山菜!!

野に咲き乱れる花、小鳥たちのさえずり、、もちろんこれらも春の風物詩ですが、しっとりとした春雨の後、太陽が出て暖かい日が2,3日続くと、野山にはさまざまな山菜が顔を出してくれます。もちろん札幌に住んでいた幼少時代から、山菜採りは私たち家族のライフワークでした。自然動物の写真家だった父に連れられ、春になると札幌近郊のありとあらゆる野山に
よもぎやわらび、たらの芽、こごみなどをいそいそと採りに行ったものでした。

ここイタリアでもその習慣は健在で、地元の野山の物知りなおばあちゃんたちに手ほどきをうけ、いくつかの山菜を覚えました。
そして、私の中での早春の山菜ランキング第1位は。。。。

野生のアスパラ!

f0322790_19001626.jpg
これが野生のアスパラです。ひょろりと細長く、若干赤みがあるのが特徴ですが、すがたはアスパラそのものですよね。
味は甘みとほろ苦さが共存していて、冬の間に野山に蓄えられた生命力がポン!と芽ぶいた、まさにそんなイメージの味わい深さ。
フリッタータ、と呼ばれるイタリア風玉子焼きやリゾット、春野菜の白ラザーニャなどの料理方法があります。特に春野菜の白ラザーニャは私の大のおすすめレシピ。
後日またレシピなども紹介してゆきますね。

そして、春の香り、といえばおいしい野の花たち!
そうです、ご存知の方も多いと思いますが,結構食べられる野の花って多いんです。
こちらはご存知、スミレですね。
f0322790_19142779.jpg
生のままサラダに使ったり、お料理したり、砂糖漬けにしたり、と色も香りも楽しめます。
サラダにすると、こんな感じです。
f0322790_19200249.jpg
彩がきれいですよね。食べてみると、口の中で春がぽわっと広がります。
そしてもうひとつ、野生のプリムラです。
f0322790_18273143.jpg
野山に群生する姿は、かわいらしさもありますが一種の聖域、みたいな気もしてしまいます。
f0322790_18304942.jpg
ちょっとだけ、おすそわけいただきますね、お山の主さま~。
我が家では、砂糖漬けになりました。
先人の知恵は、ありがたいですね。
f0322790_19534197.jpg
今日はこの辺で。それではみなさん,また次回まで。

[PR]
by colline_raffaello | 2014-03-26 19:57 | 食文化
マルケからこんにちは
15年前のはじめの一歩 ~KIKI編~

15年前、生まれて初めてこのイタリアマルケ州の小さな小さな中世の町にたどり着きました。この町の名はCAGLI(カーイ)。
誰も知らないような、小さな小さな町に行って、人々の中で違う景色を見てみたい、そんな風に思いながら選んだ町でした。
アペニン山脈の雄大な山々ややさしい丘の重なりに抱かれて暮らす人々の中で、ひと言もイタリア語を知らなかった私のイタリアでの生活がはじまりました。
イタリアの友人の間でついた私のあだ名はキキ、由来は米粒のように小さいものにたとえ、Chicchi(キッキ、穀物などのつぶ、の意)からきています。かくして155cmの私YUKIKOが KIKIになったのでした。

あれから15年、その間FAENZA(ファエンツア)で陶彫刻を学び、現代美術彫刻の作家のもと仕事をしながら、7年前やはりマルケの丘の美しさにひき戻されるようにしてここに暮らしに帰ってきました。そして自宅に工房を作り,造形作品を制作しながら大好きな畑を作り、自然の中で子育てをしながらこの地に根を下ろしつつある今日この頃です。
f0322790_22332794.jpg
                                                             自宅の外はこんな景色

これからみなさんに伝えていきたいこと。

マルケの魅力というのはあまり日本では知られていませんが、アドレア海とアペニン山脈に挟まれ、海からの風と丘からの風双方に恵まれ、中世の美しい小さな無数の町や村々が緑の丘陵に点在する美しい州です。
観光地化されすぎていない素朴な郷土文化が数多く残り、またそれをここの州の住民は誇りにおもっている、ゆったりと暮らしやすい住民に愛される土地であり、海の幸、山の幸と両方に恵まれていることから豊かで奥深い食文化があります。
このブログを通して、これからゆっくりとひとつずつこの土地の魅力を、私なりの視点でみなさんに伝えてゆきたいと思います。すこしでも、ここに吹く風をみなさんが感じられるようなレポートができれば、、が私KIKIの目標です。
f0322790_20152340.jpg
                                                                     フルロ峡谷

私の住んでいるところ

私の住むPESARO,URBINO(ペーザロ、ウルビーノ県)はマルケ州最北の県で、ここ一帯はかつてウルビーノがモンテフェルトロ家の下に統治されていた歴史があり、ルネッサンスの時代にはイタリアの重要な文化の中心地であったとともに、画家ラファエッロや建築家ブラマンテの誕生地でもあります。私の住むCAGLIからは、URBINO(ウルビーノ), SAN LEO(サン・レオ) GUBBIO (グッビオ)など、歴史的に重要で美しい中世の町がさほど遠くない距離にあり、歴史の町並みめぐりをするのに好条件の恵まれた場所です。
f0322790_20185271.jpg
                                       ウルビーノ


これからもテーマ別に、色々な現地の情報をアップしてゆきます。それではまた!
                                    
                                         KIKI

[PR]
by colline_raffaello | 2014-03-24 22:40 | ごあいさつ



陶芸作家の傍らマルケ州の宝石・ウルビーノを中心にマルケ旅行のアテンド活動中!
by colline_raffaello
カテゴリ
全体
マルケの旅に来ませんか
お祭り、行事
ウルビーノの芸術
ごあいさつ
食文化
庭仕事、畑仕事
イタリアのクラフト
自分のことなど
田舎暮らし
マルケの見どころ
マルケの風景
イタリアでの現代美術のお仕事
未分類
以前の記事
2018年 03月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2015年 02月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
お気に入りブログ
ポルトガル便り~ヨーロッ...
メモ帳
最新のトラックバック
ラファエッロとブラマンテ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
イタリアのハーブ博物館でハー..
at 2018-03-04 08:28
ハーブの魔女に会いに行く&#..
at 2017-10-20 06:11
ハーブの魔女に会いに行く&#..
at 2017-10-16 07:44
古代種の果実のお祭り~イタリ..
at 2017-09-29 21:18
アンナのハーブ料理~秘密の洞..
at 2017-09-23 05:19
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧