もうすぐ復活祭!
日曜日は復活祭
今週の20日日曜日はイタリアでは復活祭というおまつりがあります。
その名のとおりイエス様の復活を記念して春分のあとの満月直後の日曜日とさだめられてお
リ、イタリアではパスクア、英語ではイースター祭という名で呼ばれています。

ここマルケ北部では、このお祭りの時期になるとクレッシャ ディ パスクアと呼ばれる、たっぷりとチーズの入ったドーム型のパンが各家庭で焼かれます。
f0322790_19524124.jpg
味としては、ブリオッシュにチーズのうまみを足したような感じで、レシピはそれぞれに、パルミジャーノチーズを使ったものや、ペコリーノチーズ(羊の乳で作ったチーズ)を入れたりと、各家庭の好みで工夫されます。
パスクアの朝には、このパンを朝食として、お祭りのために教会で祝福を受けた卵と一緒に食べる習慣があります。

では今日は、この写真を提供してくれた、マルケ郷土料理文化が根強く残るウルビーノ近郊の素敵な町、ウルバニアも一緒にちょっぴり紹介します。

郷土料理と焼き物の町 ウルバニア

f0322790_19425806.jpg
メタウロ川と呼ばれる川沿いにある、かつてはカステルドゥランテとも呼ばれた、古くからマヨリカ焼きの伝統のある地域です。
かつてのウルビーノの大公フェデリコもこの町をこよなく愛し、夏季にはこの町に滞在しながら、近郊の野山で猟を楽しんだと言われています。
f0322790_20194167.jpg


これはスフォリアータと呼ばれるここ一帯の名物。何層にも薄い生地が練りこまれた薄焼きパン。野草のソテーとグリルした豚のソーセージで、完璧な組み合わせです。
口の中いっぱいに、春の野草の香りが広がります。



f0322790_20295227.jpg
ルネッサンス時代にはマヨリカ焼きもさかんだったウルバニア。今ではいくつかの工房が、伝統を守りながら生産を続けていて、町の陶芸文化協会も陶芸文化の継続に力を注いでいます。かくいう私も協会メンバーの一人です。
f0322790_20335815.jpg
    ルネッサンス時代の絵柄を活かして作られたかわいいペーパーウエイトや、


f0322790_20362747.jpg
     カラフルな柄の愛らしいタイルたち。焼き物好きの私にはたまりません!


いつか、焼き物をテーマに記事をまとめてみたいです。みなさん、ではまた!

[PR]
by colline_raffaello | 2014-04-16 20:43 | お祭り、行事
<< さびを使った型おし染め、スタン... トルッテロー二を作りましょう! >>



陶芸作家の傍らマルケ州の宝石・ウルビーノを中心にマルケ旅行のアテンド活動中!
by colline_raffaello
カテゴリ
全体
マルケの旅に来ませんか
お祭り、行事
ウルビーノの芸術
ごあいさつ
食文化
庭仕事、畑仕事
イタリアのクラフト
自分のことなど
田舎暮らし
マルケの見どころ
マルケの風景
イタリアでの現代美術のお仕事
未分類
以前の記事
2018年 03月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2015年 02月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
お気に入りブログ
ポルトガル便り~ヨーロッ...
メモ帳
最新のトラックバック
ラファエッロとブラマンテ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
イタリアのハーブ博物館でハー..
at 2018-03-04 08:28
ハーブの魔女に会いに行く&#..
at 2017-10-20 06:11
ハーブの魔女に会いに行く&#..
at 2017-10-16 07:44
古代種の果実のお祭り~イタリ..
at 2017-09-29 21:18
アンナのハーブ料理~秘密の洞..
at 2017-09-23 05:19
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧